本文へスキップ

     お客様との
 コミュニケーションを大切に   

代表者挨拶MESSAGE


 代表者挨拶


 税理士というと、どんな姿を思い浮かべるでしょうか?

 帳簿をチェックする、申告書を作成する、机に向かって黙々と細かい作業をする
 というイメージでしょうか?


 “
毎月試算表を送ってくれるけど、税理士に会うことがない
 “
質問したいけど、しにくい
 “
何のアドバイスもない
  
 と顧問税理士を代わってこられる方がいらっしゃいます。
 

 

 
税理士という職業はサービス業です。

 これから求められるのは
 『お客様とのコミュニケーションを大切に』できる税理士だと痛感しています。

                         税理士法人 若宮&パートナーズ
                               代表社員 若宮克彦


 若宮克彦 プロフィール

 
1957年  広島生まれ
1976年  修道高校卒業
1980年  慶応大学法学部法律学科卒業
1980年  広島相互銀行(現もみじ銀行)入社
1981年   同行退社
1984年  税理士試験合格
1988年  若宮克彦税理士事務所開設
2015年  税理士法人若宮&パートナーズの代表社員税理士となる


 税理士を目指すみなさんへ


 税理士というと、どんな姿を思い浮かべますか?
 帳簿をチェックする、申告書を作成する、机に向かって黙々と細かい作業を
 するというイメージでしょうか?

 “毎月試算表を送ってくれるけど、税理士に会うことがない”
 “質問したいけど、しにくい”
 “何のアドバイスもない”
 と顧問税理士を代わってこられる方がいらっしゃいます。

 税理士という職業はサービス業です。
 これから求められるのは
 『お客様とのコミュニケーションを大切に』できる税理士だと痛感しています。


〜税理士になって30年 若宮克彦の遍歴〜
 大学卒業後、銀行に就職するも、1年半でやめてしまいました。
 税理士を志し、方向転換するなら早いうちにと考えたからです。

 3年後に税理士試験合格。
 時はバブル。
 みんな儲かる時代で、節税と資産運用がもてはやされたころでした。

 しかし、独立後3年でバブルは崩壊。
 世の中は一変しました。

 自分から見てもレベルが高いと思える税理士が所内に数名在籍しています。
 このスタッフとともに、二十数年間、お客様の税務対策や資金運用、赤字企業
 の立て直しに心血を注いできました。

 また、遺産相続を専門として業務を展開しました。
 相続専門のスタッフを配し、これまでにした相続申告は200件を超えました。
 そんな中、お客様の色々な相談を受けるようになりました。
  「跡継ぎはどうしたらよいか…」
  「子供が結婚しないのだが」
  「お墓はどうすれば?」
 皆、悩みは尽きません。
 少しでも不安を解消できないかと“ゆうゆう倶楽部”を立ち上げ、毎年セミナー
 やイベントを開催しています。

 最近では、税理士ができることとして、会社後継者の育成にも力を入れています。
 親の会社を継いだ2世に、経営者としての基礎知識を学んでもらうセミナーで、
 若手経営者から元気をもらっています。

 法人のお客様には、税務のセカンドオピニオンを提供しています。
 複数の税理士の意見を聞いて意思決定できるので、お客様からは大変喜ばれています。

 『お客様とのコミュニケーションを大切に』をモットーに
 『税理士という仕事を通じて社会に貢献する』
 私が、どんなときにも心がけていることです。

   

〒730-0041
 広島市中区小町3-19
 リファレンス広島小町ビル2F

 TEL 082-567-4500
 FAX 082-567-4501

 営業時間 9:00〜17:30
     (12時〜13時を除く)
 定休日  土・日・祝日