燃える闘魂

若宮&パートナーズ 広島北支店の野村です。

先日、アントニオ猪木さんの闘病生活を記録したNHKのドキュメンタリーを観ました。

「心アミロイドーシス」という100万人に数人の難病だとのことです。

学生の頃はよくプロレス観戦をしました。

私はジャイアント馬場さんの「全日派」でしたので、猪木さんの試合を生観戦したのは数えるほどですが、入場テーマが鳴った瞬間に会場の空気が変わり、一挙手一投足に歓声が上がってそりゃもうスーパースターでした✨

当時1990年代ですので猪木さんはレスラーとしては晩年で、国会議員の活動がメインの時期だったと思います。

懐かしさもあり、その頃の猪木さんについて詳しく知りたくなりました。

この本を読みました。

政治家猪木さんの活動を描いています。

カバーの写真、野心的でギラギラして印象的です😲

1989年に参院選に当選し、独自の議員外交を行いました。

プロレス時代の人脈も生かして体ひとつで各国要人の懐にとびこんでいきます。思い立ったらすぐ行動。とにかくフットワークが軽い!🏃

懐に入る秘訣はまずひたすら相手の話を聞くこと、そして自分のあるがままを見せることだそうです。

また、人気商売で得た、相手の反応を分析する力も役立ったとのこと。

まず相手の技を受け、自分の感情を表現して、観客の反応を確かめる。

これはプロレスそのものじゃないですか💡

交渉事全般に通用する技術だと思います。大変参考になります📝

猪木さん流の外交はイラクでの人質解放を実現させました。

体を張り、人間力で成し遂げた快挙だと思います。

ドキュメンタリーの中で猪木さんはやせてしまった体と懸命のリハビリ姿を隠すことなくさらけ出していました。

とてもつらいはずなのに時折つまらない🙇‍♂️ジョークも混じります。

闘い続ける姿は燃える闘魂そのもの。現在のありのままの猪木さんに魅了され、映像に釘付けになりました。

どんな姿でもアントニオ猪木はやっぱりスーパースターです🤩

みなさん「元気ですかー」

確定申告を無事乗り切りました🙌

「元気があれば何でもできる」👍

この勢いをとめるのはもったいない!どんどん前進したいと思います💨

私の闘魂も燃えています🔥

前の記事

ポリシャス君